メインコンテンツまでスキップ
バージョン: 1.2.0

1.2.0

2023-10-31

Unity version

次のUnityバージョンで動作確認しています。

2022.3.2f1

Modules

Unity

npm

Dependencies

Changes

Extreal.Core.Logging

Changed

  • Unityを2022.3にアップグレードしました。

Extreal.Core.StageNavigation

Changed

  • Unityを2022.3にアップグレードしました。

Extreal.Core.Common

Added

  • IObservableにフックを追加できる機能を追加しました。(Doc, PR)

Changed

  • Unityを2022.3にアップグレードしました。

Extreal.Integration.Multiplay.NGO

Changed

  • Unityを2022.3にアップグレードしました。
  • NGOを1.5.1にアップグレードしました。
  • NGOにてUNet Transportがサポートされなくなったため、UNet Transportに関連する機能を削除しました。(PR)
    • この変更は後方互換に影響があるためUpgrade guideを参照してください。
  • NgoConfigのAddressプロパティにドメイン名を指定できるように変更しました。(PR)
  • NgoServerにホスト向けの機能を追加しました。(Doc, PR)

Extreal.Integration.Multiplay.NGO.WebRTC

Added

  • P2P(Host/Client)によるマルチプレイができるWebRtcTransportを追加しました。(Doc, PR)

Extreal.Integration.Chat.Vivox

Changed

  • Unityを2022.3にアップグレードしました。
  • Vivoxを15.1.210100-pre.1にアップグレードしました。

Extreal.Integration.AssetWorkflow.Addressables

Changed

  • Unityを2022.3にアップグレードしました。
  • Addressablesを1.21.17にアップグレードしました。
  • Addressablesのビルドスクリプトが変更されたため、アセットの暗号化を行うビルドスクリプトにAddressablesの変更を適用しました。(PR)
    • この変更は後方互換に影響があるためUpgrade guideを参照してください。
  • アセットの暗号化と復号機能はWebGLで利用できないため、WebGLプラットフォーム向けにビルドする際にコンパイルされないようにAssembly Definitionを分け、プラットフォームからWebGLを除外するようにしました。(PR)
    • この変更は後方互換に影響があるためUpgrade guideを参照してください。

Extreal.Integration.Web.Common

Added

  • Unityが提供するC#とJavaScript連携をより簡単に利用できる機能を追加しました。(Doc)

Extreal.Integration.P2P.WebRTC

Added

  • WebRTCを活用したP2Pの作成を容易にするベース機能を追加しました。(Doc)

Extreal.Integration.Chat.WebRTC

Added

  • P2Pによるテキスト/ボイスチャットができる機能を追加しました。(Doc)

Extreal.SampleApp.Holiday

Added

  • アプリケーションの利用状況可視化を追加しました。(Doc, PR)
  • バーチャル空間内で空間を切り替えられる機能を追加しました。(Doc, PR)

Changed

  • Unityを2022.3にアップグレードしました。
  • ブラウザ向けのアプリケーション(WebGL)に変更しました。(Doc, PR)
  • テキスト/ボイスチャット、マルチプレイをP2Pで実現するように変更しました。(Doc, PR)

Upgrade guide

モジュールバージョンを更新してください。

後方互換に影響がある変更があるため、下記を確認して該当するアプリケーションは対応してください。

Extreal.Integration.Multiplay.NGO

変更影響があるアプリケーション

NGOが提供していたUNet Transportを使用しているアプリケーションに影響があります。

変更影響と対応方法

NGOにてUNet Transportがサポートされなくなったため、UNet Transportが使えなくなりました。

NGOが提供するUnity Transportを使うように変更してください。

Extreal.Integration.AssetWorkflow.Addressables

変更影響があるアプリケーション

アセットを暗号化しているアプリケーションに影響があります。

変更影響と対応方法

  • Addressablesのビルドスクリプトが変更され、アセットの暗号化を行うビルドスクリプト (BuildScriptEncryptMode)が動作しなくなりました。 そのため、アセットの暗号化を行うビルドスクリプトにAddressablesの変更を適用しました。
  • アセットの暗号化と復号機能はWebGLで利用できないため、WebGLプラットフォーム向けにビルドする際にコンパイルされないようにAssembly Definitionを分けました。その影響でアセットを暗号化しているアプリケーションではコンパイルエラーが発生します。
    • アセットの暗号化と復号機能を使う場合はAssembly DefinitionにExtreal.Integration.AssetWorkflow.Addressables.Custom.ResourceProvidersを追加してください。